NPO法人のメリットとデメリット

○メリット
社会的信用が高まる 任意団体で活動している場合とでは、やはり相手の受け取り方が違ってくる場合も多いようです。多くのNPO法人が、最大のメリットとして「社会的信用の増加」を挙げています。
法人名の契約や登記ができる 任意団体の場合、代表者の個人名で契約や登記を行いますが、団体の代表が変わるたびに契約や登記をし直さなくてはなりませんでした。このような不都合が解消されます。
補助金や寄付金を集めやすくなる可能性
活動が引き締まる NPO法人になると、毎年報告書等の提出義務があり、また活動内容が公告されるので、任意団体のころより責任を持って活動に望めるようになったという意見もあります。
×デメリット
× 法人税がかかる 利益がゼロでも法人住民税の均等割りで最低70,000円はかかります(免税措置がある場合もあります)。
× 丁寧な経理処理・事務処理が必要になる 事業報告や収支計算書などを作成して備え付けたる必要があります。
× 社会保険の加入義務が生じる 法人には社会保険の加入義務が生じますし、常用雇用者がいれば労働保険の加入義務も生じます。

コメントは受け付けていません。