NPO法人の毎年の書類作成と備え置き

設立した後も毎年、必要書類を作成し、備え置く義務があります。NPO法人を設立することにより生じる義務なので今までに比べて面倒に感じるかもしれませんが、組織運営等がしっかりすることになり対外的には信用を得やすくなります。

年1回作成し、主たる事務所に3年間備置く書類

毎事業年度のはじめの3ヶ月以内に事業報告書をはじめとする下記の書類を作成して、その年の翌々年の末日まで(3年間)、主たる事務所に備え置かなければなりません

  1. 事業報告書
  2. 財産目録
  3. 貸借対照表
  4. 収支計算書
  5. 役員名簿(前年に役員であった者全員の氏名および住所または居所並びにこれらの者についての報酬の有無を記載した名簿)
  6. 10人以上の社員の氏名(法人の場合は名称および代表者氏名)および住所居所を記載した書面

毎年の書類の提出

毎事業年度初めの3ヶ月以内に、所轄庁に下記の書類を提出しなければなりません。

  1. 事業報告書等提出書
  2. 事業報告
  3. 財産目録
  4. 貸借対照表
  5. 収支計算書
  6. 役員名簿及び役員のうち報酬を受けたことがある者の名簿
  7. 社員のうち10人以上の者の名簿

コメントは受け付けていません。